2017 光る知覚

白夜のノルウェーに滞在した経験を基に、生活する上において照明に対する認識の文化差や認知のズレが現れる場面に着目し制作した。 《ペン先のインクの中に、その文字を映す反射光に》 ...

詳しくはこちら

2016 オル★テラ

《電球都市》の作品を、寺院の装飾のひとつである瓔珞(ようらく)をイメージした形で作る。瓔珞は魔除けの装身具や寺院の天蓋飾りであるが、空から降る光を模しているようにも見える。コードの...

詳しくはこちら

2016 《ペン先のインクの中に、その文字を映す反射光に》

ミクスドメディア ON とOFF には、つねに相反する一方の影がつきまとう。それは見えにも認識にも当てはまる。ただ、片方の状況にいる時もう一方の影は透明になる。捉えることが不可能...

詳しくはこちら

2016AiRヌールラン、ノルウェー/AiR Nordland, Norway

AiR ヌールラン 滞在期間|2016年6月2日ー26日 会  場|ヌールランカルチャーセンター、ノルウェー AiR Nordland 2-26 June 2016 ...

詳しくはこちら

2015 中之条ビエンナーレ

《電球都市/旧第三小学校、中之条、群馬》 人の気配のない、夕暮れのような光が差し込む教室の中、ただ記録の断片のみが光を灯す。吊り下げられた電球の中には、旧第三小学校が写されている...

詳しくはこちら

2014《電球都市 Looms》《アンブライカス》

Bulb Cities 展覧会期|2015年11月3日ー23日 会  場|遊工房アートスペース、東京 NEWS RELEASE 《電球都市 Looms》 《アンブ...

詳しくはこちら

2014 Project 6581: Parallel Perception & Counter Connection

Project 6581は日本とシンガポールの二つのレジデンス施設(遊工房アートスペースとINSTINC)の10周年記念の年に始まったプロジェクトです。8人のアーティストがお互いの...

詳しくはこちら

2010《電球都市》

過去作品「見えない都市」はガラス鉢に絵はがきを入れて崩壊させる作品だったが、この作品では記憶の崩壊ではなく記憶はどのように残るのかに注目して制作した。また、政府が国内大手家電メーカ...

詳しくはこちら

2008《見えない都市》

絵はがき、水、ガラスボウル ガラスの器と水は、レンズの効果で絵はがきにリアリティを与える。同時に水は絵はがきの写真とメッセージを徐々に崩壊させていく。壊れやすいガラスの器と水は実...

詳しくはこちら

Other works

そのほかの作品はこちらからご覧ください。

詳しくはこちら