2018 対流風景/Convective Scenery

村上郁は、広州で得た新鮮な興味に従って作品制作を行った。人が必要とする日常生活空間と都市空間の差、空室案内の張り紙、そして使用可能な程度に壊れている街中の設備などから、ヒューマンスケール・補助・傾きをキーワードとし、平面と立体の相互作用を意識しながらドローイングを描くようにインスタレーションを制作した。

加えて、美術館の壁から発想を得た小さな窓の作品は、人工的な空間である展示スペースと有機農園の庭をつなぐ。 「窓(まど)」は、私たちの社会を見つめる「目の扉(めど)」から来ると言われる。彼女の意図は、目の扉を通して両方の空間を見、それぞれの強調された意味を見つけることである。

 

対流風景/Convective Scenery

展覧会期|2018年12月8日~2019年1月7日
会  場|53 Art Museum China

参加作家|渡邊智子 Tomoko Watanabe
村上 郁 Kaoru Murakami
富樫智子 Satoko Togashi
山田 悠 Haruka Yamada
西岳拡貴 Hiroki Nishitake
東城信之介 Shinnosuke Tojo
山重徹夫 Tetsuo Yamashige
本郷芳哉 Yoshiya Hongo
特別招待アーティスト:
江上 弘 Hiroshi Egami (日本)
Mireya Samper (アイスランド)
王泽 Ze WANG
陈庆 Qing CHEN
何利校 Lixiao HE
吴杰仁 Jieren WU
谢子耿 Zigeng XIE
施i维娜 Weina SHI

キュレーター|山重徹夫、肖麗、李琼波 (53美術館館長)
主  催|53 Art Museum China
共  催|広州日本総領事館


MURAKAMI Kaoru created artworks by following her fresh impression in Gwangju. She set some keywords; human scale, supporting and leaning, that were coming from the idea of a wide gap between the scale of human living space and urban scale, vacant room guide posters, facilities in the town which were broken at an usable extent and so on. She made installation work as if it was a drawing while she was conscious of an interaction between two-dimensional and three-dimensional.

In addition, a tiny window work that was gotten inspiration from the museum wall, was created in order to connect an exhibition spaces where was an artificial space, with an organic vegetable garden. ‘窓 (Mado)’ is said to come from ‘Eye Door (me-do)’ that can gazing our society. Her intention is to look the both spaces through the Eye Door, so as to find the emphasized  meanings of the spaces.

 

Convective Scenery

Dates:2018年12月8日~2019年1月7日
Venue: 53 Art Museum China

Artists: Tomoko Watanabe, Kaoru Murakami, Satoko Togashi, Haruka Yamada, Hiroki Nishitake, Shinnosuke Tojo, Yoshiya Hongo, Hiroshi Egami, Mireya Samper, Ze WANG, Qing CHEN, Lixiao HE, Jieren WU, Zigeng XIE, Weina SHI

Scroll to top