照明の光をテーマに据えた4名の作家による自主企画展示。
白夜のノルウェーに滞在した経験を基に、生活する上において照明に対する認識の文化差や認知のズレが現れる場面に着目し、再制作を含む下記3点を展示した。

《ペン先のインクの中に、その文字を映す反射光に》
ON とOFF には、つねに相反する一方の影がつきまとう。それは見えにも認識にも当てはまる。ただ、片方の状況にいる時もう一方の影は透明になる。捉えることが不可能な透明の影。北極圏にある街の夏に闇はやって来ない。夜はかすかな闇の気配を漂わせては去る。23 日分の夜を過ごしても、私にはずっと昼だった。見事なまでに闇が見えない。明るい深夜にノルウェー流のシャボン玉遊びをし、部屋に戻って電灯を点けるべきか途方に暮れた。

《電球都市》Norge, Island of the Midnight Sun
断絶がコミュニケーションを加速させる状況がある。たとえば死が一つの例だとしたら、私の場合は物理的な距離と時差だった。それは、あらゆる未知の土地とその場に訪れた人物への憧憬として現れた。もしかしたら、知られざる旅人に他所者としての自らの状況を重ね合わせていたのかもしれない。逆説的にいえば、光は断絶の象徴とも言える。光のもとで見えている限り、私たちはその海を、その太陽を見続けていられるからだ。



Photo:Yusuke Tsuchida



光る知覚

展覧会期|2017年4月29日(土)~6月4日(日)
開館時間|12:00~19:00(金・土は20:00まで)
会  場|アキバタマビ 21(Website
東京都千代田区外神田6-11-14 3331Arts chiyoda 2F 201,202
休 館 日|火
観 覧 料|無料
特設サイト

参加作家|鈴木泰人、星田大輔、村上郁、渡辺望


株式会社灯工舎 藤原工さんとのクロストーク|4月29日(土祝)
株式会社灯工舎の灯工頭で美術照明家・光文化研究家の藤原工さんとクロストークを行いました。
内容は下記リンク先にてご覧ください。
第一部:美術照明という仕事
第二部:アートと光の心象風景

パフォーマンス・中野仁詞さんとのクロストーク|6月3日(土)
参加作家とスペシャルゲストによる音と光のパフォーマンスを行い、神奈川芸術文化財団学芸員の中野仁詞さんとのクロストークを行いました。
パフォーマンス:市川 平|金刺 わたる|久世 孝臣|鈴木 泰人|丸山 勝之

《展示概要》

光なくして、人はものをみることができません。それゆえ、人は光を創り出し、闇を照らすことで文明を発展させてきました。私たちの身の周りには、太陽などの自然光から、ろうそくやLEDなどの人工光まで、さまざまな種類の光が存在しています。このような視覚を生み出す光は、美術においてもきわめて重要な要素として扱われてきましたが、20世紀になるとダン・フレイヴィンやジェームズ・タレル、オラファー・エリアソンなどの作品にみられるように、作品の素材としても重要な役割を担うようになりました。

光は網膜に到達すると視神経によって情報となり、脳に届くと視覚となります。また人がものをみる時には、光の明るさだけではなく、その質も知覚しています。つまり視覚とは網膜が光に触れることによって触感を得るシステムであると言えます。この触感としての光は、人の感性に直接的な影響を与え、個々人の心の内に豊かな広がりを持って立ち現れているはずです。

昨今、白熱電球などへの規制に対する関心が高まっています。20世紀末に発光効率が良い新しい光源、LEDが実用化されてから、環境問題への意識の高まりとともに、慣れ親しんだ白熱電球や蛍光灯の生産は世界的に縮小をはじめました。日本では政府がメーカーに対して自主的な生産中止を要請したことで、現在では多くの大手メーカーが家庭用白熱電球の製造を終了しています。2011年の福島原発事故後は、より緊急の課題となった省エネ対策のために一層強い働きかけがなされました。その影響が、いよいよ身の回りの光環境の変化として現れてきました。

エネルギーやそれに伴う環境問題は世界的課題のひとつです。しかし、照明のエッセンスは消費電力だけではありません。ひとつの面だけをみて照明のもつ多様な役割を奪うことは、照明による表現の可能性をも喪失させる危険性を孕んでいます。本展では、鈴木泰人、星田大輔、村上郁、渡辺望の4名のアーティストが、それぞれ異なるアプローチを通して照明の光を提示します。彼らが表す光はどのような質感を持って私たちの心に触れるのでしょうか。現代における人々と照明との関わりを見直すと同時に、美術作品としての照明のありかたについて、作品とともにトークやパフォーマンスイベントを交えて検証します。