[CHINA]対流風景:日中現代美術レジデンシー/Convective Scenery : China – Japan Contemporary Art Residency

中国・広州の53美術館が主催するレジデンスおよび成果展に参加させていただくことになりました。


展覧会期|2018年12月8日~2019年1月7日
会  場|53 Art Museum China(map) 住所 No.19 Huiyuan Street, Huijing Road, Guangyuan Express Road, GZ

オープニングパーティ|12月8日(金)

公式サイト|53 Art Museum China

参加作家|渡邊智子 Tomoko Watanabe
村上 郁 Kaoru Murakami
富樫智子 Satoko Togashi
山田 悠 Haruka Yamada
西岳拡貴 Hiroki Nishitake
東城信之介 Shinnosuke Tojo
山重徹夫 Tetsuo Yamashige
本郷芳哉 Yoshiya Hongo
特別招待アーティスト:
江上 弘 Hiroshi Egami (日本)
Mireya Samper (アイスランド)
王泽 Ze WANG
陈庆 Qing CHEN
何利校 Lixiao HE
吴杰仁 Jieren WU
谢子耿 Zigeng XIE
施i维娜 Weina SHI

キュレーター|山重徹夫、肖麗、李琼波 (53美術館館長)
主  催|53 Art Museum China
共  催|広州日本総領事館


私たちが日常的に使う言葉や建築物や衣服など、日本には古代中国から流れてきたものが多くある。日本人は中国から渡ってきた文化を、自分たちの使いやすいように変化させ定着させていった。その代表的な例が、中国から伝わったお茶と、日本独自の畳文化を融合させて「茶道」。他にも子供の成長を願う「鯉のぼり」は『後漢書』李膺伝に語られた故事に由来している。現代の中国にも多くも日本の技術が土台となっている産業や、ゲームやアニメといった娯楽文化が存在する。このことは中国と日本は古代より大きな流れの中で、文化が常に対流している関係ということが言える。私たちが見ている風景は互いに繋がりを持ちながらも、異なる文化の土台の上で独自に変化を続けている。
本企画展「対流風景」は広州と中之条を自由に行き来する風となり、今後も双方の芸術文化の追い風となることを願います。
山重徹夫

Follow me!

Scroll to top
PAGE TOP