[TOKYO]光る知覚/Touching the Light

アキバタマビ 21にて行われるグループ展に参加いたします。
2014年ごろから光を素材とする作家の展示を構想しており、作家・会場選定から始めて手探りで展示の企画を進めて参りましたが、たくさんの方のご協力を得て、ようやく開催できる運びとなりました。ご高覧ください。


展覧会期|2017年4月29日(土)~6月4日(日)
開館時間|12:00~19:00(金・土は20:00まで)
会  場|アキバタマビ 21(Website
東京都千代田区外神田6-11-14 3331Arts chiyoda 2F 201,202
休 館 日|火
観 覧 料|無料

公式サイト|http://hikaruchikaku.com

参加作家|鈴木泰人、星田大輔、村上郁、渡辺望


オープニングパーティ|4月29日(土祝)17:00〜
株式会社灯工舎の灯工頭で美術照明家・光文化研究家の藤原工さんをお迎えして、クロストークを行います。

クロージングパーティ|6月3日(土)16:00〜
参加作家のグループとスペシャルゲストをお迎えして、今夜かぎりの特別な音と光のパフォーマンスを行います。その後、神奈川芸術文化財団学芸員の中野仁詞さんと共に、クロストークを行います。

市川 平|金刺 わたる|久世 孝臣|鈴木 泰人|丸山 勝之
※内容は変更になる場合もあります。最新情報はホームページにてご確認ください。

《展示概要》

光なくして、人はものをみることができません。それゆえ、人は光を創り出し、闇を照らすことで文明を発展させてきました。私たちの身の周りには、太陽などの自然光から、ろうそくやLEDなどの人工光まで、さまざまな種類の光が存在しています。このような視覚を生み出す光は、美術においてもきわめて重要な要素として扱われてきましたが、20世紀になるとダン・フレイヴィンやジェームズ・タレル、オラファー・エリアソンなどの作品にみられるように、作品の素材としても重要な役割を担うようになりました。

光は網膜に到達すると視神経によって情報となり、脳に届くと視覚となります。また人がものをみる時には、光の明るさだけではなく、その質も知覚しています。つまり視覚とは網膜が光に触れることによって触感を得るシステムであると言えます。この触感としての光は、人の感性に直接的な影響を与え、個々人の心の内に豊かな広がりを持って立ち現れているはずです。

昨今、白熱電球などへの規制に対する関心が高まっています。20世紀末に発光効率が良い新しい光源、LEDが実用化されてから、環境問題への意識の高まりとともに、慣れ親しんだ白熱電球や蛍光灯の生産は世界的に縮小をはじめました。日本では政府がメーカーに対して自主的な生産中止を要請したことで、現在では多くの大手メーカーが家庭用白熱電球の製造を終了しています。2011年の福島原発事故後は、より緊急の課題となった省エネ対策のために一層強い働きかけがなされました。その影響が、いよいよ身の回りの光環境の変化として現れてきました。

エネルギーやそれに伴う環境問題は世界的課題のひとつです。しかし、照明のエッセンスは消費電力だけではありません。ひとつの面だけをみて照明のもつ多様な役割を奪うことは、照明による表現の可能性をも喪失させる危険性を孕んでいます。本展では、鈴木泰人、星田大輔、村上郁、渡辺望の4名のアーティストが、それぞれ異なるアプローチを通して照明の光を提示します。彼らが表す光はどのような質感を持って私たちの心に触れるのでしょうか。現代における人々と照明との関わりを見直すと同時に、美術作品としての照明のありかたについて、作品とともにトークやパフォーマンスイベントを交えて検証します。

[TOKYO]Lift écru店内での展示のお知らせ/Showcasing at Lift écru

8日から始まります、企業コラボ東京プロジェクトの一環で、代官山アドレスのLift écruで展示させていただきます。クローゼットの中のような、白い扉で遮られている特徴的な展示スペースに電球の作品を11点、展示しました。アンネの日記からインスピレーションを受けた内装と相まって、ひっそりと濃密な空間になっています。

会期中、会場ではコーヒーが無料提供されています。ソファに座ってコーヒーを飲みながら、ゆっくりとご鑑賞いただけます。8日には中目黒アトラスタワー前広場でオープニングレセプションが、野外広場では8日〜10日にマルシェが開催されます。他にもさまざまなイベントがありますので、ゆっくりと散策してみてはいかがでしょう。

展示は10月30日まで。お出かけにはいい場所、いい季節です。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

展覧会期|10月8日(土)~30日(日)
開館時間|11:00~20:00
会  場|Lift écru(map) 東京都渋谷区代官山町17-5#201
休 館 日|無休
観 覧 料|無料

http://collabo-art.com/

主 催|企業コラボ東京プロジェクト実行委員会
企 画|株式会社ゼルス

[TOKYO]個展「ペン先のインクの中に、その文字を映す反射光に」/In the ink of the pen point, in reflected light cast the letter on

個展「ペン先のインクの中に、その文字を移す反射光に」
2016年7月22日(金) — 31日(日)
金土日のみオープン
13.00 – 20.00 最終日は17.00まで
会場:S.Y.P Art Space (曙橋)
website : http://arttokyo.sub.jp
facebook Event : https://www.facebook.com/events/538393856364567/
————–
23日(土)17時からレセプション・パーティー&ノルウェーレジデンス報告会がございます。
ゲスト:湯浅 克俊 氏・椛田 有理 氏
詳細はこちらから:http://goo.gl/7uKt6N
————–
この度、S.Y.P Art Space では6月にノルウェー、ヌールラン県のArtist Residency Norlandで滞在制作をしてきた村上 郁の個展 — ペン先のインクの中に、その文字を映す反射光に — を行います。繋ぐ・通過する要素にフォーカスした電球都市の新作を発表いたします。

We will have Solo Exhibition of Murakami Kaoru. She had finished Artists in residency at Nordland Kultur senter.
Murakami Kaoru has been investigating how we are able to know others life through limited media such as postcards. ‘Bulb city’ is a series of works and installation that is created by the artist, which enclosed used postcards with burnt-out light bulbs. This time, she combines bulb cities and Mediators into an installation. As she said, Mediators exists in any places, we aren’t able to see them but they are the cause of a reality slip through imagination. She is going to show up this extraneous matter in the gallery space.

ビエンナーレ作家クロストークに参加いたします。

CHIKUWA-Unit ビエンナーレ作家クロストークVol.3
日時:10/3(土)13:30~
会場:旧伊参小学校(入場無料)
作家:CHIKUWA-Unit、村上郁、佐藤令奈
公式情報へ

中之条ビエンナーレの参加作家でもあるCHIKUWA-Unitさんのスペースにて、トークをさせて頂くことになりました。同じ会場で展示している佐藤令奈さんとご一緒いたします。

概要
中之条ビエンナーレ出品作家の村上郁さんと佐藤令奈さんをお迎えし、お話を伺います。繊細に光と闇を操る作品で四万の旧第三小学校に展示なさっています。今回の作品に至るプロセスやこれからの展開などについてお話を伺えたらと思っています。

[TOKYO]ループホール10周年記念展/The first decade of LOOP HOLE

ループホール10周年記念展
The first decade of LOOP HOLE

9月20日(日)— 9月23日(水)
12:30 – 20:00
会場が2カ所となります
☆1. 府中市立府中グリーンプラザ分館ギャラリー (府中市寿町1-1)
☆2. ループホール (府中市宮西町1-15-13)
問い合わせ先: 042-401-1633

概 要:
ギャラリー LOOP HOLE の10年間を振り返る企画展。2013年府中市美術館企画室と共同開催した「ダイチュウショー展」出品作家と、これまでにループホールにて個展を開催した作家を中心にループホールとグリーンプラザ分館ギャラリーの二会場にて、展示会+イベントを開催。
LOOP HOLE会場では、出品作家デザインによるスペシャルな10周年記念Tシャツ販売!? × 出展作家による自由市場 × 作品購入の受付 × 大槻英世展 を開催。
グリーンプラザ分館ギャラリーでは、出展作家の作品展示とこの10年間を振り返るトークイベントを予定しています。

作品出展作家:
秋山幸 池崎拓也 今井俊介 今村仁 EKKO 大久保あり 大槻英世 岡野智史
門田光雅 鹿野震一郎 木下令子 木村俊幸 小林史子 齋藤雄介 佐藤克久
佐藤万絵子 椎木静寧 清水勇気 ジャンボスズキ 進藤環 末永史尚
五月女哲平 髙木大地 高橋大輔 玉井健司 なしの 新関創之介 塙将良
原汐莉 前澤妙子 光藤雄介 水戸部七絵 宮本穂曇 村上綾 村上郁 横田 章

10周年記念トーク (府中市立府中グリーンプラザ分館ギャラリー)
トーク1:
9月20日(日) 19:00 より
木村俊幸 × 出品作家

トーク2:
9月23日(水) 18:00 より
木村俊幸 (LOOP HOLE 代表)
関根成年 (galeria de muerte 代表)
三上善司 (LOOP HOLE 設立共同プロデューサー)
水田紗弥子 (インディペンデント・キュレーター)
吉崎和彦 (東京都現代美術館学芸員)

[GUNMA]中之条ビエンナーレ2015/NAKANOJO BIENNALE 2015

English follows.

中之条ビエンナーレ2015
概要
2015年9月12日(土)-10月12日(月・祝)の31日間 無休
9.30 – 17.00
開催エリア:群馬県中之条町 町内各所
http://nakanojo-biennale.com
チケット購入はこちらから
http://nakanojo-biennale.com/passport/

出展会場:四万エリア 旧第三小学校(群馬県吾妻郡中之条町四万3954)
左上のアイコンから、旧第三小学校(紫色のマーク)にチェックを入れて下さい。

今回は、会場となる旧第三小学校の教室内に電球都市を展開いたします。どうぞご高覧下さい。

〇パフォーマンス「Dark Matters ~闇の事態~」
9月26日(土)・27日(日)17:30〜
出演:ドミニク・バロン・ボナルジー
参加費:1000円(申し込み不要)
ロンドンを拠点に活動するダンサーのドミニク BBは、村上 郁のインスタレーションにインスパイアされ、「内面の景色としての闇」をコンセプトに、中之条ビエンナーレのために制作したソロ・パフォーマンスを行う。
〇ショップにて委託販売もしております。
中、小サイズの電球都市に加え、身につけられる豆サイズの電球都市も制作しました。こちらもぜひご覧下さい。

NAKANOJO Biennale 2015
General information
31 days from 12 September to 12 October 2015
9.30 – 17.00
Open everyday
Location:
At Gunma Prefecture, Nakanojo town.
50 locations in 5 areas includes “Nakanojo/Isemachi” “Isama” “Shima” “Sawatari/Kuresaka” “Kuni”

My exhibition space in Former Daisan Elementary School on Shima area.

・Performance ‘Dark Matters’ by Dominique Baron-Bonarjee
date: 26,27 September from 19.30
Entry fee: 1000yen

Inspired by Kaoru Murakami’s ‘Bulb Cities’ installation, Dominique will create a site-specific performance for Nakanojo Biennale exploring the concept of ‘darkness as a space of inner landscapes’.

[TOKYO]第7回凹地企画展「Bulb Cities」/Bulb Cities – The Seventh Kubochi Exhibition

西荻窪の遊工房アートスペースにて、凹地の企画として2年ぶりに個展を開催します。この展示は国際野外アート展「トロールの森」に参加しています。会期も同じですので、爽やかな秋空の下、散策がてらぜひお越しください。

第7 回凹地企画展 村上郁 個展「Bulb Cities」
2014 年11 月3 日(月祝)~11 月23 日(日)
月火休み(初日除く)
12:00~19:00(金曜日 〜20:00 / 最終日 〜17 :00)

続きを読む “[TOKYO]第7回凹地企画展「Bulb Cities」/Bulb Cities – The Seventh Kubochi Exhibition”

[TOKYO]第一回凹地企画展「クレーターVol.1」

遊工房アートスペース(東京・杉並区善福寺)と関わりのある作家が集い「凹地(くぼち)」というグループを設立しました。その第1回目の企画展「クレーター vol.1」を2014年4月5日(土)から4月20日(日)まで開催致します。私は電球の小作品と、シンガポールで制作した未発表の版画を出品する予定です。

第一回凹地企画展「クレーターVol.1」

会 期:2014年4月5日(土)〜4月20日(日)[月火休み]
時 間:12時から19時(最終日は17時まで)
会 場:遊工房アートスペース
企 画:凹地
住 所:東京都杉並区善福寺3-2-10
アクセス:JR中央線、西荻窪駅北口、2番バス停より上石神井駅行他バ スにて「善福寺」バス停下車、目の前。駅より徒歩約20分。または、東 京メトロ丸の内線・JR荻窪駅北口・0番バス停より武蔵関駅行他バスにて「善福寺」バス停下車、すぐ。( 注:JR中央線は、土日、西荻窪駅には停車しません。)
<観覧無料>

参加作家:朝倉優佳、佐藤万絵子、竹内翔、町野三佐紀、Jaime Humphreys、門田光雅 、桑山彰彦、安田豊、平丸陽子、村上郁

■関連イベント:4月5日(土)
トーク・ディスカッション 17時から
『アーティストが展覧会を企画すること』
特別ゲスト:カトウチカ(Unknownシリーズ企画者)、清岡正彦(洞窟現代代表)

レセプション・パーティ 18時から

*関連情報
今回、凹地メンバーの小作品が入った作品集を、50部限定で販売します。
参加作家:門田光雅 、桑山彰彦、安田豊、平丸陽子、村上郁
価格:2000円

———————————————————————————————

Hi, it’s Murakami Kaoru.
I will be join a joint exhibition ‘CRATER vol.1’ curated by KUBO-CHI from 5th April. We will also have a discussion event from 17.00 on 5th April. Please stop by if you have time. Hope to see you there.

‘CRATER vol.1’ The first Kubo-chi exhibition

Youkobo Art Space

5th April – 20th April 2014
Opening hour:12:00-19:00
Open discussion event on 5th April from 17.00 (Free)

———————————————————————————————

[TOKYO] アーティスト・イン・レジデンス?シンガポール!—プロジェクト6581の現場から。

‘Project 6581’は,マイクロレジデンスとしてローカルとグローバルを繋ぐ活動を続けるInstincと遊工房アートスペースによるコラボレーション・プロジェクトです。タイトル名は、シンガポール(65)と日本(81)の国際電話国番号を表しており、両国より2組4人のアーティストが相互に滞在制作を展開します。グローバル化が進むアートシーンを支えるのは、世界を自由に流民するアーティスト達です。プロジェクトは、アイデンティティーが主要なテーマの一つとなって久しい今日のアートシーンにおいて、彼らの様なアーティストの立ち位置や地域性に改めて目を向けます。

本展では、日本から参加した村上綾、村上郁、椛田ちひろ、椛田有理の4名の作家による、シンガポール滞在成果発表を行います。多民族・多文化国家シンガポールでの滞在制作で何を得て、そして何を思ったのか。作品を通じて語りかけます。
29日には、オープン・ディスカッションを開催します。各作家手づくりのシンガポール滞在レポートも必見。

We will be holding an exhibition and activity report about the project called ‘Project 6581’, which is artists exchange project between Singapore and Japan, at You-kobo art space in Tokyo.
Also we will have an open discussion event from 18.00 on 29th Mar.
You can taste Teh tarik, which is Malaysian and Singaporean milk tea.
Please stop by if you have time. Hope to see you there.

会 期:2014.3/26(水)-3/30(日)[会期中無休]
時 間:12.00-19.00
会 場:遊工房アートスペース
住 所:東京都杉並区善福寺3-2-10<MAP

■■■関連イベント■■■■■■■■■■■■■■■■■

オープンディスカッション
『東南アジアのアートとアーティスト・イン・レジデンス:
彼らとの恊働がもたらすもの』

2014.3.29(土)18:00-
入場料:300円(テータリック付き)
*本ページの割引クーポン提示で200円割引

特別ゲスト:ジェイミ・ハンフリーズ、太田エマ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
☆テータリック (Teh tarik) は、マレーやシンガポールで飲まれているミルクティーです。お楽しみに!

<関連サイト>

遊工房アートスペース:イベント告知ページ

椛田ちひろホームページ

村上綾ホームページ

椛田有理ホームページ

村上郁ホームページ

<割引クーポン>
招待券