Review of The Invisible Realm: a Path to Arcadia

2018年2月9日に岩崎ミュージアムにて開催された藤原京子さん個展の関連企画のひとつ、ドミニク・バロン・ボナルジーさんのパフォーマンスについてのショートエッセイです。パフォーマンスを観た後に伝えた感想を、ぜひテキストにして欲しいということで、下記のように書いて送りました。捕捉として、(たどたどしい)日本語訳も加えました。彼女のウェブサイトに掲載されています。


Review of The Invisible Realm: a Path to Arcadia

While Dominique was performing, her hand was shaking like an old robot or a badly made 3D animation. She looked like a sick old woman too: but she wasn’t. That’s because she didn’t show any emotion on her face. I wasn’t able to see any feelings in her, moreover, she didn’t seem to have any age. I felt her movement was unnatural. It looked like a character in a video game, which was forced to move by someone.

As I watched, I was remembering the words spoken by Hayao Miyazaki, the director of Studio Ghibli about movement that was created by Artificial Intelligence. He said the AI movement is ‘an insult to life itself’. This AI has learned certain movements and it can choose how to use the body. However, AI doesn’t feel any pain so it creates very creepy movement.

[link to Miyazaki interview on NHK]

As Dominique performed, there seemed to be this Zombie-like movement that is completely free from human disadvantage. It is free from muscle pain, from ill-health and from the existence of internal organs. This creature only has a single intention, to move as a super strong and healthy body. I felt a dark impression about our own ethics while looking at her performance. We can be cruel to somebody like Super Mario who doesn’t feel pain. Humans are now trying to entrust something to AI, but if this AI could come to naturally control things, the time might come when AI had a higher sense of ethics than human beings. I was thinking how we, once we have lost human dignity, might be at that time?

Kaoru Murakami, February 2018


The Invisible Realm: a Path to Arcadiaのレビュー

ドミニクがパフォーマンスをしているあいだ、彼女の手は古いロボットかひどい作りの3Dアニメーションのように震えていた。病気の年配の女性のようにも見えたが、そうではなかった。というのも、彼女の顔には何の感覚も現れていなかったからだ。私は彼女からどんな感情も感じ取れなかったうえに、年齢がないようにも思えた。彼女の動きは不自然で、まるで誰かに動かされているテレビゲームのキャラクターのようだった。

観ているあいだ、私はアーティフィシャル・インテリジェンス(AI)が作り出した動きについて、スタジオジブリのディレクター宮崎駿が語った言葉を思い出していた。彼はAIの動きは「生命に対する侮辱」だと言った。AIは特定の動きを学び、体の使い方を選び取ることができるが、AIはどのような痛みも感じないので気味の悪い動きを作り出す。

[NHKの宮崎駿の番組へのリンク]

ドミニクの動きは、人間の不利益から完全に解放された、このゾンビのような動きであるように思えた。それは筋肉痛から、病気や健康から、そして内臓の存在から解放されている。この生き物は単一の意志だけに従って、強靱で、そして超健康な身体でもって動く。パフォーマンスを観ながら、私は人の倫理観について暗い想像をしていた。私たちはスーパーマリオのような、痛みを感じない他者に対して残酷になり得る。人間は今、AIになにかを委ねようとしているが、もし仮にAIがものごとを自然にコントロールできるようになると、AIが人間よりも高い倫理観を持つ時が来るかもしれない。ひとたび人間の尊厳を失った時に私たちは、どのように振る舞うことができるだろうか。

2018年2月 村上 郁