使用された絵はがきと切れた電球で作られた電球都市は、どちらの素材も他人のプライベートな空間の一部だった。ひとつひとつ分解されふたたび組み立てられた電球は、ドキュメントとフィクションの間を行き来しながら、現実の再現性の危うさ、記憶すること、忘れることを見る人に問いかけます。

この作品は少しづつ形を変えて制作されています。

 


 

Picture postcards and used light bulbs gathered from strangers are used to create a Bulb city. Taking apart materials that once belonged to the private spaces of others and combining them to create new forms, she will create a work which, while switching between documentary and fiction, brings us to question the dangers of forgetting and remembering in the recreation of reality.