私の知っている島
Radio Installation

 あなただけが知っている「島」について、各地で出会った人々にインタビューを行い、録音した音声を流す作品。鑑賞者は、見ず知らずの人びとが語る空想の「島」について聴くうち、それぞれの話に共通点や違いを見いだし、最後には「語り手のひととなり」をぼんやりと感じはじめます。
ファンタジーを現実と平行世界の間にあるものとして捉えれば、このシンプルな態度を通して、言葉の奥に存在する「語り手」に直接アクセスできるのではないかと思います。