もし巨大な切手が一つあって、その写真を見たときに、私たちはどうやってその切手が巨大だと分かるのだろう?えーと、これは建物だ(それか男性だ)。だけど私たちは本当に見たんだろうか?本当にそれを知っているんだろうか?

この巨大な切手は、第二次世界大戦中の日本・シンガポール・英国の隠された関係をテーマにしており、特に英国人科学者のE.J.H.コーナー博士の本を基にしている。この本は戦時中の三カ国の友情について語っていて、話の中心となる舞台は昭南博物館—現在のシンガポール国立博物館である。この博物館は当時のある希望、日本人・英国人・シンガポール人が協力して略奪者からシンガポールの文化と歴史を守ることを託された場所である。現在、この博物館は歴史博物館となっている。しかしながらこの物語の舞台である博物館は、希望の物語を語らず、残酷な敵についてだけを伝える。

この切手はその三カ国の要素で構成されている。郵便サービスは英国で成立した。この切手のデザインは日本占領下にシンガポールで発行された実際の切手に倣っている。茶葉は日本からシンガポールを経由して英国に輸出された。それらが一体となり、鑑賞媒体により身体感覚の変化する切手となっている。

 


 

If an oversized stamp existed and we saw the photo of it, how we could imagined this was an oversized stamp? Well, we see a building (or, man). But we really see it, we really know it?

The theme of this oversized stamps is the hidden connection between Japan, Singapore and England in WW2, especially based on the book of English scientist, Dr.E.J.H. Corner. This book told a friendship between these three countries in the period of the war, and the mein scene of the story is the Shonan Museum, currently called National Museum of Singapore. This museum was the place entrusted the hope at that time, to save Singapore culture and history from looters. Currently, this museum turned to the hisoty museum, however they dosen’t mention about the story of hope but only the story of terrible enemies.

This stamp constructed some element of the three countories. Mail servise originated in UK. The design of the stamp followed the actual stamp published in Singapore under Japanese occupation. Tea leaves were being deliverd from Japan to England via Singapore.