このキネティックなオープン・ライトボックスは、その場で体験する作品です。周囲の光の強弱により、表面に見える画像の下から陰画が浮かび上がってきます。

昼と夜の顔を持つようなこの作品は、正面からライトに照らされており、月と太陽のような関係になっています。また、その間に鑑賞者が入り込むことによって、自身の影の中に陰画を浮かび上がらせることが出来ます。
 


 
This kinetic open light box is experienced on its place. The another picture come up with under the picture depends on how strong is the ambient lights.

 

The work, which has two faces is lit up directly, and this relation of position is reminded of the moon and the sun. In addition, the another picture comes up in the audience’s shadow when he/she into the between work and light.